2013年10月21日

みかめクラブ 第七回定例会

みかめクラブ第七回定例会

ゲスト
小川心平

19時00分 開場

みかめスタッフによるクロースアップマジック

岩嵜夢丸
・チョップカップ
・ヒントカードのカード当て
・4Aの移動現象
・4Kの記憶力テスト
・サインカードのポケットに通うカード

福田智大
カードマジックのレクチャー(1枚のカードを片手でグリンプスする方法)

19時30分 開演 (クロースアップショー )      

【一部】
音楽と共に黒い手袋を付けて登場。大きな布が付いている棒を持ち出し、両手が見えた状態で、布で顔を隠しまた顔を出すと火のついたタバコをくわえてニッコリ顔を出す。
今度は3本目の黒い手が現れ棒を握る。それでは終わらずゆっくりと4本、5本とニョキニョキと手が現れ布を取ると元の両腕だけに戻る。

最後は黒い手袋を穴の空いた箱に入れようとすると、入らない?穴が黒いマウスパッドのようになり、剥がすと穴のない箱になり終わる。

00005.MTS_000446546.jpg

サイレントマジックから打って変って、トークマジックショーの始まり。「ショートコント!」から「世界一下手くそなマジシャン」と「世界一正直なマジシャン」のパロディマジック。

マジック!?と思われるようなタイムマシーンのお話から、二枚のカードを使ったカードパズルのような不思議で、さらにオチがある「おもてなし」マジック、昔からあるお菓子を使った「タマゴポーロの消失現象」など、一般の方からマジックに精通している方もあっと驚く、笑いと不思議のバランスが抜群であった。

00005.MTS_001286285.jpg

【二部】
スプーンを持って強く念じる。会場の観客全員が「いつ曲げるんだ!?」と視線をスプーンに注目している所で強烈なミスディレクション。
笑いの裏に緻密な計算を感じられる強烈なスプーン曲げ。

十八番のビニールテープで指をグルグル巻きにしてから腕時計のリンキング現象。有名なマジックだが観客とのやりとりの面白さに全く違う演技に見えてしまう。

最後は女性の観客を舞台に上げて小川心平さんの真骨頂!強烈なトークマジックで会場を沸かせ、シルクの移動現象で演技は終了。
マジックが終わった後にはご自身のマジックを始めた秘話をお話下さった。
今回はみかめクラブ初のソロライブ。小川心平さんの単独ライブショーは一部、二部と大盛況で幕を閉じた。

00005.MTS_002837334.jpgPA164924.JPGPA164932.JPG






posted by みかめくらふと at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする