2013年09月06日

みかめクラブ 第四回定例会

みかめクラブ第四回定例会

19時30分 開演 (ステージショー )

ぺる
海賊の衣装で登場。いつもの明るい女性のイメージとは違った海賊スタイルのワイルドな演出。
ステッキの出現、ロープに結んだハンカチーフの貫通現象、ジャンボ海賊旗の出現。

みかめくらふとの「プリディクションボード」を使った予言マジックでは
選ばれた三名の観客が自由にイメージした内容を見事に予言していた。

海賊の船長になりきり、選んだ観客を海賊船員役にしての風船と銃を使ったカード当て。

ロープ、首剣、そしてみかめ製品の「アームギロチン」を使い、三名のお客様にスリル満点のマジック。
マジックと分かっていても、「きゅうり」を切り落とした後のギロチンに手を差し込む姿は見てる側もヒヤヒヤ、
誰もケガなく終わり、手伝って下さった方達に「きゅうり」のお礼。

最後は海賊船に積んでありそうな樽型の筒を使ったボトルのプロダクション。
00001.MTS_001509808.jpg
00002.MTS_000357357.jpg
幸条スガヤ
ミステリアスな音楽で登場。タバコの煙からシルクハットの出現、ステッキの三本出し。
巨大なミラーボールを両手に持ち、手を離すと逃げるようにボールが浮遊する現象。最後は二個に分裂。

幸条スガヤさんの作品の一つで有名な「般若ゾンビ」。般若のお面が目をギラギラと光らせ、布をかけると観客や演者の間を
生きているように動き回る普通のゾンビボールとは全く違う演出。

鏡を裏表見せた後、「S」のような形をした台を机に置く。その上に鏡を置き、右手でキャンドルを持ち出し、鏡の前で火を灯す。
鏡に映ったキャンドルを掴むように片方の手を鏡の後ろに回すと、鏡の中から抜け出たようにキャンドルが出現。
「夢鏡」という名前だが、本当に夢を見ているような神秘的なマジック。

みかめくらふとの「カジノボックス」を加工したオリジナルマジック。レクチャーまでしていただき、その工夫に感心。
マジックはアイディア次第でいくらでも不思議さを増す事が分かった。
最後はフラフープほどある三本のジャンボリングを使ったリンキング現象。00003.MTS_000034768.jpg00003.MTS_001013412.jpg


posted by みかめくらふと at 19:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。