2016年01月27日

みかめクラブ 第三十二回定例会

【みかめくらふと商品紹介】


岩嵜夢丸
・208/ビジブルブロックペネトレーション
http://mikamecraft.shop38.makeshop.jp/shopdetail/000000000132/
木製の筒に木の板を2枚差し込み完全に壁ができている状態で
、ブロックがスローモーションで貫通して、さらに貫通している部分を観客が見ることができる。

・220/キューティーマウス
http://mikamecraft.shop38.makeshop.jp/shopdetail/000000000153/
音楽に合わせてハンカチを折っていくとネズミになる。
ネズミのハンカチでカードを当てる演出。

戸崎拓也
・53/新・夫婦引き出し
http://mikamecraft.shop38.makeshop.jp/shopdetail/000000000074/
2段になっている引き出しに、白い玉を入れると玉はいつの間にかどこかに消えてしまう。
赤い玉を入れても同様に消えてしまう。引き出しに水を注いでおまじないをかけると濡れていないシルクが出現し、さらに不思議な事に水も出てくる。故北見マキ氏考案の手順を現代風アレンジで再現。


【ムッシュ・ピエール】

2016年、一回目のゲストは大阪からムッシュ・ピエールさんが出演。

観客が混ぜたルービックキューブを使った予言マジックから始まり、
「ワンセコンドキューブ」で発表した一瞬でバラバラのキューブが揃う独自の手法を披露。

IMG_4296圧縮.JPG

IMG_4297圧縮..JPG

カードを使ったマジックでは、間違って印刷されたカードをスマートフォンのように指で擦ったり、
スワイプすると一箇所に集まっていたマークが元の位置に戻ったり、カードとカードのマークが飛び交ったり珍しい変化現象の数々。

コインを使ったマジックでは、コインボックスに4枚のコインを入れるが、金の真鍮を貫通して出てくる。さらに観客の手を貫通したり、ペンで叩くだけで溶けるように通り抜けて出てくる。
これでもかというほどコインの貫通が続き最後はすべてのコインが水になってしまう。

160120みかめ定例会.mp4_002055133.jpg

みかめくらふとの「MCゴーストハンカチーフ」を使った演技では、生きているかのようなハンカチの動きに熟練したミスディレクションが加わり、最後には付けていたネクタイがハンカチの中から現れサインカードもネクタイピンに挟まっているというTVでも話題になった意外性抜群の手順。

160120みかめ定例会.mp4_003252573.jpg

ピエールさんオリジナルの予言マジックでは、まず見える位置に封筒を置いておく。
持っているボードに紙を挟み、ランダムに観客に聞いた質問の「いつ」、「誰と」、
「何をした」が最初から置いて開くまで触っていなかった封筒の紙にキッチリと書いてある。
日用品だけで見せるクリーンで応用力の高い予言現象でした。

160120みかめ定例会.mp4_003525777.jpg

------------------------------------
■二部(レクチャー)

みかめくらふとのロングラン商品をメインにレクチャー。

木製コインチューブではピエールさんが実際に自身のマジックBarや
イベントでのゲスト出演時に演じている磨き上げられた手順を実演。
従来のお札を500円が貫通していく現象にストーリー性をもたせ、
カップ&ボールのような強烈なクライマックス加えてた実践的な構成を
ミスディレクションの細かいタイミングまで解説。

160120みかめ定例会.mp4_004717633.jpg

カラービジョンでは様々な予言マジックからサイコロの瞬間移動と手際が光る原理と
テクニックを組み合わせた内容。
後半は、マジックをより効果的に見せるためのセリフについて、
ピエールさん自身がプロとして意識してきた事や発声の練習方法を熱く語ってもらいました。

160120みかめ定例会.mp4_006014645.jpg

160120みかめ定例会.mp4_006331782.jpg

■次回定例会

第33回 みかめクラブ定例会

【ゲスト】
幸条スガヤ

【詳細ページ】
http://mikamecraft.shop38.makeshop.jp/new/2016-01-26-101438.html
posted by みかめくらふと at 17:17| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムッシュピェールさんの今回はショーもレクチュァーも楽しかったし、とても役にたちました。最後のアマチュアマジシャンに再確認させる?「10の項目」は改めて考えさせられました。ちゃんとmemoを作って準備して来た氏の気持ちがとても好感がもてました。特に句点、読点の反転した使い方は特に子供達相手のボランテイア等では悩まされていた事です。次回のボランテイアが楽しみです。時田
Posted by 時田 昇 at 2016年01月28日 20:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。