2016年02月23日

みかめクラブ 第三十三回定例会

【みかめくらふと商品紹介】

岩嵜夢丸
・22/ソルトシェーカー
http://mikamecraft.shop38.makeshop.jp/shopdetail/000000000025/
ポケットにしまった500円玉が何回も塩瓶に戻ってくる。
ナイフやフォーク、お皿を配置してレストランでお客がチップを置いていくというストーリー。

戸崎拓也
・61/MCマジシャンスタンド
http://mikamecraft.shop38.makeshop.jp/shopdetail/000000000079/
木製のテーブルがガラス張りになっており、豪華な捨てバックになる。
ミリオンカード、シルクやクス玉のプロダクション後のスタンドは装飾品が飾られるショーケースのようでした。


【幸条スガヤ&サオリ】

みかめクラブ定例会2年ぶりの出演となる、「幸条スガヤ&サオリ」が出演。

オープニングは、サオリさんのダンシングケーン。
幸条さんが登場してステッキの出現、分裂、さらに出現と巧みな技で次から次へとステッキが現れる。
3本出し、4本出しと迫力満点のステッキを駆使したルーティンから始まり、
二人で見せる10数本のリングの連結、鳩出し、最後はみかめのロープ黒板と怒涛の演技。

IMG_4906.JPG

IMG_4919.JPG

IMG_4942.JPG


幸条さんの数ある有名な手順の中でも神秘的な雰囲気で見せる「夢鏡」では、
火のついたロウソクを鏡に映すと2本に見え、持ち上げると本当に2本に増えている。
液体の入ったトックリや大きなシルバーボール、鏡に映したものが増えていく珍しい現象。

160217mikame.mp4_001690470.jpg

ステージの端から端まである長いロープを使ったマジックでは、
二人の観客にロープの端を持ってもらい真ん中を切って結ぶ、その結び目を引っ張るとなんと移動していく。
あっちこっちと何回も何回も移動させるが全ての止まった所で結び目がほどけ、最後は結び目が溶けるように消えて1本のロープに戻ってしまう。従来のトリックを幸条さんオリジナルの工夫により、不思議さが強まっていた。

160217mikame.mp4_001913039.jpg

サオリさんの3本リングでは、女性ならではの可憐な動きで工場さんとはまた違う空気を作って演じていました。
160217mikame.mp4_002306610.jpg

最後は、般若のお面に、シルクをかけるとゆっくりと浮き出す。
途中からシルクが大きく広がり、浮いている姿がまるで般若がマントを羽織って生きているような
動き、クライマックスでは般若とシルクを取り去るとサオリさんが出現!!
観客の予想を超える展開、幻想的な世界に引き込むステージマジックショーでした。

160217mikame.mp4_002356203.jpg

------------------------------------
■二部(レクチャー)

借りたお札でさらに道具を使わずに、即席でできるお札を増やすマジックは、
最も一般の観客から要望の多いマジックなので重宝する内容。

ステッキの扱い方から分裂、3本出しなど周りと一段差をつけるテクニックから、
マジカルステージのオリジナル商品の数々まで余すことなく解説。
ステージマジックのメインでも使われるゾンビボールでは、体を動かさないで、
ボールを動かす秘訣など長年の経験を凝縮したレクチャーでした。
160217mikame.mp4_003067857.jpg

160217mikame.mp4_004016024.jpg


■次回定例会

第34回 みかめクラブ定例会

【ゲスト】
たかお晃市

【詳細ページ】
http://mikamecraft.shop38.makeshop.jp/new/2016-02-22-115600.html

posted by みかめくらふと at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: